卒塾生の声1

卒塾生から届いた声や応援メッセージなどを掲載していきます。

>

櫻井 花

鎌倉女学院高校 → 慶應義塾大学理工学部システムデザイン工学科

櫻井
sakurai_now
Q. あなたにとって「受験勉強」とは何でしたか?
A. 辛いこともあったと思いますが、楽しいことの方が多かったように思います(今だからそう言えるのかもしれないですが...)。一色塾では真面目に面白く勉強ができるようなシステムがあると思います。なんというか、ゲームに近い感覚でやっていました。やはり、成績が上がると嬉しいし、だからまた頑張ろうと思う、というサイクルを作れたので、辛い時も乗り越えられたと思います。ここまで徹底的に勉強をする機会は大学受験以降あまりないと思うので本気でやればここまで自分も出来るのだと実感でき、自分に自信も与えてくれました。

Q. 一色塾の「担任」とはどんな存在でしたか?
A. とても信頼できる存在でした。自分のことをよく理解してくれて、全力で受験のサポートをしてくれました。担任の先生は、化学の授業を持っている先生でもあり、実際に私の勉強に対する取り組み方の特徴や、得意分野と苦手分野などを把握してくれているので、それに対応した勉強方法を提案してくれていたと思います。また、担任と1対1で話す機会などを多く設けて下さり、私が考えていることも、うまく引き出して話をさせてくれていました。不安になったときなどは、聞き役になってくれて、吐き出し終わると少しすっきりしてまた勉強に集中することが出来ました。

Q. 「一色塾」とはどういう塾ですか?
A. 受験生の時、一色塾は私にとって2つ目の家のような感じでした。塾に行って先生や友達と話すと自然と安心出来たし、実際受験直前は家より塾にいた時間の方が長かったように思います。授業については、数学の授業について話すと、予習があることが大きかったです。高3数学の授業では、1回の授業で先生が選んだ3、4問の問題解説を行うのですが、その予習を各自行って授業に望みます。授業前に予習をしたノートを先生に見せに行きます。初めのうちは予習の段階で答えにたどり着くことはほとんどなく、ノートも真っ白なのですが、それを続けることによって初見の問題にもどうにかして答えを出そうとする根気強さが身につきます。ただ問題の解き方を説明するだけではなく、私達生徒が一人で問題に臨むトレーニングもしてくれるのが他の塾とは違うかもしれません。

Q. 現塾生やこれから入塾しようという高校生に何かアドバイスはありますか?
A. 二人三脚で受験を共に乗り越えてくれる存在でした。一番印象的だったのは、センター試験の直前でした。本番に向けて今ひとつ自信が持てなかった私に対して、担任の先生は背中を叩いて励ましてくれました。ただ勉強を教えるという存在ではなく、精神面からのサポートも充実しているのが、一色塾の強みだと思います。一色塾は勉強に楽しさを見出してくれるところだと思います。受験勉強がつまらないな、やる気が起きないな、と思う人は是非一色塾に入ってほしいです。最初は大変なことも多いと思いますが、一度頑張ってみればきっと勉強が楽しくなると思います。きっと、その頑張りも一色の先生方は見守っていてくれると思います。

Q. 今後の目標を聞かせてください
A. 私は今大学で建築の勉強をしています。意匠設計について重点的に学んでいるのですが、意匠設計は大学受験の勉強とは全く異なります。自分が得意だった数学や理科のように、答えが1つとは限りません。正解、不正解という区別がないことに初めは戸惑いました。今でもたまに正解を求めてしまい、頭がおかしくなりそうなときがあります。果たして将来、設計の仕事についたとしてやっていけるのか、と不安を感じることもしばしばです。
けれど、そのような絶対的な答えが存在しないことに対して、自分なりの答えを出していく力を身につけていくことは社会に出たら必ず必要なことであると思います。なので、今は目標というほどのものはありませんが、目の前のことを一生懸命やって、答えのないものに対しても自分なりの考えを提示していける力をつけることが目標です。

西村 純

鎌倉学園高校 → 一橋大学経済学部経済学科

西村西村

Q. 一色塾を選んだ理由は何ですか?
A. 最初は親の紹介で体験授業を受けたのがきっかけでした。受けたのは英語で、それまでフィーリングで英文を読んでいた私にとって、論理的に英文を解釈する授業は衝撃でした。担任の先生がつくなど、生徒と先生の距離が近いのも魅力に感じ、入塾を決意しました。

Q. 一色塾とはどういう塾ですか?
A. 非常に面倒見の良い塾だと思います。英語であれば、毎回の授業前に先生に予習を見せ、授業後には一人一人の質問に先生が答えます。また、単語帳や英語の構文のテストも授業中に行い、結果は教室内に張り出されるため、否が応でも勉強するシステムが整っていました。(笑)

Q. あなたにとって「受験勉強」とは何でしたか?
A. 努力が結果になることを実感できたことです。いつ結果が出るかは個人差がありますが、成績の良し悪しは確実に勉強量に比例します。一色塾では目標に向かって努力することができる環境が整っていたからこそ、ストイックに自分を追い込むことができました。

Q. 一色塾の担任はどういう存在でしたか?
A. 二人三脚で受験を共に乗り越えてくれる存在でした。一番印象的だったのは、センター試験の直前でした。本番に向けて今ひとつ自信が持てなかった私に対して、担任の先生は背中を叩いて励ましてくれました。ただ勉強を教えるという存在ではなく、精神面からのサポートも充実しているのが、一色塾の強みだと思います。

Q. 現役高校生へのアドバイスをお願いします。
A. 予習と同様に、毎回の授業の復習を怠らないでください。たくさんの参考書を買う必要はありません。一色塾のテキストの内容をしっかりと網羅すれば、入試に太刀打ちすることができるはずです。

Q. 今後の目標は何ですか?
A. 今年から社会人になりますが、仕事の忙しさを言い訳にせず新しい事に挑戦していきたいです。

馬場 章宜

柏陽高校 → 早稲田大学商学部 → 社会人

馬場

Q. 一色塾を選んだ理由は何ですか?
A. ①受験最重要科目の英語に定評があった
②大手では難しい少人数制を採用していた
③通学経路にあった

Q. 一色塾とはどういう塾ですか?
A. 大手とは違い少人数制・担任制を採用している点、緊張感があって自分を律することがしやすい塾だと思います。

Q. あなたにとって「受験勉強」とは何でしたか?
A. 今振り返ると、若い頃に「頑張った」ことの勲章の一つのように思います。
また、推薦という制度もありますが、そうではなく一般受験で大学に入るほうが「勝ち取った」気持ちは当然強いものになると思いますね。

Q. 一色塾の担任はどういう存在でしたか?
A. 少人数制であるが故、生徒個人の得意・不得意はもとより性格も把握している担任は大変心強い存在でした。

Q. 現役高校生へのアドバイスをお願いします。
Q. 入る大学、学部、そこで出会う人によって、その後の人生が大きく変わることは紛れも無い事実です。自身の将来像をできるだけ明確に描いて、悔いの無い選択をしてください!

Q. 今後の目標は何ですか?
A. 知識欲は高校よりも現在のほうが圧倒的に高いです。仕事に関わる資格を取得することを目標にしています。あと、いつかもう一度大学に行って全く違う分野の勉強をしたいと密かに企んでいます。

本間 澪月

清泉女学院高校 → 上智大学総合人間科学部社会福祉学科

本間

hommamizuki_now

Q. あなたにとって「受験勉強」とは何でしたか?
A. 自分との戦い。小・中・高校時代に受験を経験していない私にとって、大学受験は初めての自分との戦いでした。日常生活に転がるさまざまな誘惑に揺れる自分との戦い。目標とする点数や判定を得るべく、そして最後には志望校に合格するべく只ひたすらに勉強に励む自分との戦い。「志望校にいきたい」というただその一心で、日々の受験勉強に取り組んでいたように思います。
児童養護施設での実習、ゴスペルサークルでの活動、飲食店とアパレルのアルバイトの掛け持ち…私は大学での4年間、勉強はもちろんのこと、サークルやアルバイトなどあらゆることに関して1つ1つ全力で取り組んできました。来年3月に大学卒業を控える今、自らの受験勉強を振り返ってみると、あの受験勉強、あの努力があったからこそ、私が笑顔でこのような充実した大学生活を送れてきたのだと確信しています。

Q. 現塾生たちに何かアドバイスはありますか?
A. 満開の桜の下、笑顔で4月を迎えることができるもできぬもとにかく自分の努力次第。努力なしには、受験勉強は語れません!!合格のために努力したそのプロセスこそがいずれあなたにとって財産となり、精一杯努力した後についてくる結果は、あなたにとって自信となります。だから自分を信じて、今自分がやるべきことをただがむしゃらに頑張ってください♪♪

巻島 大智

山手学院高校 → 横浜国立大学理工学部建築都市・環境系学科

巻島

Q. あなたにとって「受験勉強」とは何でしたか?
A. 慣れてしまえばさほど辛くはないもの」という印象でした。僕は高校3年生の5月下旬まで部活をしていたので、本格的に受験モードにはいったのは6月の初めでした。それまでの毎日運動をする生活から毎日勉強のみをする生活に変化したての頃は集中力もさほど続かず、かなり辛い日々でした。部活があるからと少し自分を甘やかしていたためか基礎が抜けていて、わからないことばかりだったというのも辛いと思った理由の一つかもしれません。しかし夏休みに抜けていた基礎を必死に埋めたので、夏以降は応用に入ることができました。いままではできなかった問題ができる喜びは辛さを消してくれましたし、それでも依然としてわからない問題にぶつかっても、問題を解く武器は持っているから考えればできると思うようになりました。難しい問題をじっくり考えて解くことは以前から嫌いではなかったので、秋以降は辛いと感じることはあまりありませんでした。それでも焦りや緊張は消えませんでしたが…。笑

Q. 一色塾とはどういう塾ですか?
A. 塾というよりもう少し身近な存在でした。僕はもう一つ他の塾に通っていましたが、一色塾の方が生徒と教師との距離が近いという印象でした。先生というよりも親のように面倒見がよく、わからないことがもちろんあればすぐに質問できますし、相談事にものってくれました。そのためか一色塾では落ち着いて勉強できました。

Q. 現塾生たちに何かアドバイスはありますか?
A. 受験勉強は楽しく勉強した人が強いと思います。もちろん嫌々勉強して受験に成功する人もいると思いますが、僕は勉強を楽しんだ方が効率もモチベーションも上がると思います。そのため是非勉強の中に自分なりの楽しみを見つけて欲しいと思います。

Q. 今後の目標を聞かせてください。
A. まだ一年生なのでこれからどうなっていくかわかりませんが、大学で学んだことを生かして、都市の環境に関わる仕事をしていきたいと今は考えています。

善浪 佑理

鎌倉女学院高校→島根大学部医学部

善浪

yoshinami_now

Q. 一色塾を選んだ理由は何ですか?
A. 通学路にある塾の中で英語に強いと評判だったからです。

Q. 一色塾とはどういう塾ですか?
A. その子にあった接し方、教え方をしてくれるアットホームな塾です。しかし、アットホームだからと言って先生が「友達」になる訳ではなく、いい距離感を保ったまま的確な指導をして下さっていたと思います。

Q. 一色塾の担任はどういう存在でしたか?
A. 将来の夢を持った時から、嬉しいことも苦しいことも話せたとても大きな支えでした。恩師は誰かと聞かれたら迷わず当時の塾の担任の先生を挙げると思います。本当に感謝しています。

Q. 現役高校生へのアドバイスをお願いします。
A. どれだけ今が大変でも、必ずいつか終わりが来ます。絶対です。ぜひ"合格"で終わらせて下さい。そのために目標を決めて頑張ってください。

Q. 今後の目標は何ですか?
A. 専門的知識をしっかり持ちながら、患者さん目線で物事を考えられる医師になることです。医療関係者ばかりの世界でいると感覚が少しずれてしまうように感じています。
医療に絶対の正解はありません。しかし少しでもその隙間を埋められるよう、常に努力していこうと思います。

米澤 麻衣

捜真女学校 → 慶應義塾大学経済学部経済学科

米澤 麻衣

Q. 一色塾を選んだ理由は何ですか?
A. 姉が通っていたから。

Q. あなたにとって受験勉強とは何でしたか?
A. 最初本腰を据えて勉強を始めていないうちは、ただ周りとの差を感じて恐怖しかありませんでした。将来やりたいことも決まっていなかったので、行きたい学部もありませんでした。ぼんやりとした目標しか持ててなかったために受験勉強も最初は全くやる気がありませんでした。どうせ自分なんか変わらない、努力らしい努力なんてできない、何も変わらないと感じて投げやりになっていましたが、一色の先生方はそんな私に真摯に向き合って下さいました。
私にとって受験勉強とは自分を勝負させてくれるものでした。中高の部活などでスポーツなどをやっていなかった私は同年代の子たちと何かを競うということは殆どありませんでした。勉強は結果が点数になって表れるシビアなものですが、私にとって逆に分かりやすいものでした。今まで自分のやることに全く自信がなかった私ですが、正しいやり方でやれば結果に繋がる受験勉強は勝負という意味で分かりやすく、自分でも努力すれば周りと勝負できることを教えてくれました。

Q. 一色塾の担任とはどんな存在でしたか?
A. 右も左もわからない受験生活を過ごす上で絶対的に信頼できる存在でした。何かあってもなくても常に支えになって頂きました。

Q. 現役高校生へのアドバイスをお願いします。
A. 分からないこと、不安なことは沢山あると思いますが、皆そうです。現状から一歩踏み出すことは怖くて、しかも面倒くさいです。何からやれば良いのか何をしたいのかも分からないと思います。でも分からなくても良いので少し先の目標を持ってみてください。可能性は無限大ということを、私も身をもって実感しました。

得能 達

サレジオ学院高校 → 早稲田大学商学部 → 社会人

得能得能

Q. あなたにとって「受験勉強」とは何でしたか?
A. 私にとって、受験勉強は将来の自分への「投資」でした。
私は、当時から大学で学びたいこと・将来働きたい業界が決まっていました。そのため、最低でも行きたい大学のレベルや学部も決まっていました。
だからこそ、受験勉強は自分の将来のために妥協せず、自分なりに努力していたと思います。

Q. 一色塾とはどういう塾ですか?
A. 良い意味で「逃げ場がない塾」だと思います。多くの先生の目が届く環境は、自分に妥協したくなる気持ちを抑えることにもなりますし、手を抜いているとすぐに先生にばれてしまいます。この環境は、遊びたい欲の強い中高生が、その気持ちを抑えるのに大きく貢献していると思います。
また、言葉はあまりよくないですが、「先生を簡単に利用できる塾」です。これは、受験勉強には非常に大事なことだと思っています。どの生徒にとって受験は「初めて」であり、不安に思うことも、行き詰まることもあります。一方で、先生は何十・何百という生との受験を経験・サポートしてきています。生徒にとって、経験者でありプロである先生にアドバイスを請うことは、受験の成功を導くための非常に有効な手段です。その点で、一色塾は先生を簡単に掴めアドバイスを請うことできますし、強力に生徒をサポートして頂けるので、優れた塾であると思います。

Q. 一色塾の担任はどういう存在でしたか?
A. 常に自分という一人の生徒に対して、真剣に悩み、心配し、受験勉強を強力にサポートして頂ける頼りになる先生でした。入塾当時(中学3年)は、「いつも面倒なこと言ってくるな」と正直思っていましたが、高校生になる頃には、「受験を控える高校3年生をはじめ多くの先輩方がいるなかで、自分のことをよく考えてくれているんだな」と感じるようになっていました。ただ、比較的長く在籍にいたこともあり、最終的には多くの先生が担任のようによく接していただけたので、実際の担任の存在は、サポートしてくれる先生方の「中心人物」という感覚だったかもしれません。

Q. 当時の自分に何か声をかけるとしたら?
A. 「無理せず、最大限の努力を。」

Q. 現塾生たちに何かアドバイスはありますか?
A. 受験勉強で一番大変なことは、勉強へのモチベーションの維持・向上だと思います。勉強へのモチベーションが上がらない時は、「なぜ受験勉強をするのか」を考えると良いと思います。
(※これは、私が今でも何かへのモチベーションが上がらない時に実践していることです。「なぜ〇〇をするのか」を考えることは、動機づけを与えるのに有効な手段です。)
その問いの答えは、「理想の将来像に近づくため」「学びたいことがある」「友人より良い大学に言って自慢したい」などなど千差万別だと思います。その理由を忘れなければ、自然とモチベーションが上がるはずです。あとは、後悔しないように机に向かうだけです。

Q. 今後の目標を聞かせてください。
A. 恥ずかしながら、今働いている業界で「日本一」になることです。これは私が高校の頃から親しい友人に話していた夢から変わっていません。
(「日本一」というと漠然としているように思えるかもしれませんが、数字として成績が表れ、優秀な人が表彰もされる業界ですので、客観的な評価で「日本一」を獲るというのは、明快な目標です。)
これは、名声や地位を手に入れたいのではなく、間接的な目標として置いているのです。つまり、仕事を通して世の中のために一番役立つようになれば、自然と「日本一」はついてくると思っています。ですから、「世の中のために一番役立つ」という真の目的を達成するために、客観的な「日本一」を目指しています。海外の大学出身、博士号取得などは珍しくない環境ですので、難しい目標であることは間違いありませんが、これからも努力を続けていきたいです。

真田 美咲

聖園女学院高校 → 星薬科大学薬学部

真田
真田

Q. 一色塾とはどんな塾ですか?
A. どんな塾っていうのを一言で表すのはすごい難しいんですけど、一番はアットホームなところが特徴だと思います。普通なら先生と生徒の距離はそんな近くないと思うのですが先生との距離がかなり近くて受験のことに対する相談はもちろん、ちょっとしたことまで相談出来るし何も心配せず受験勉強に打ち込めました。

Q. 現役高校生へのアドバイスをお願いします。
A. 受験勉強は辛いと思いますが自分の夢のスタートラインに立つために途中で諦めないでください。そして周りの人に支えられていることに対する感謝を忘れずに頑張ってください!応援してます!

Q. 今後の目標は何ですか?

A. 人のためになる仕事がしたい!という自分の夢に向かってまだまだ大学生活は長いですが一つ一つ乗り越えていきたいと思います!

本間 樹空

鎌倉学園高校 → 上智大学総合人間科学部教育学科

hommasyuku_now

Q. 一色塾を選んだ理由は何ですか?
A. 中3の時、学年で182人中181位という成績をとった自分に今まで成績についてはほぼ口出ししてこなかった親がついにしびれを切らし姉二人が通っていた一色塾を勧めてきたのがきっかけ。
以前から勧めてくることはあったが、全く聞く耳を持たず先延ばしにして来たが成績のことで家族、友達からバカにされることをプライドが許さず一色塾に入って見返してやろうと決心したのが決め手です。

Q. 一色塾とはどういう塾ですか?
A. 生徒を身内のような感覚で見守ってくれる塾。
生徒の合格を生徒以上に本気で喜んでくれる塾。
先生はみな情熱と愛情に溢れ、人として尊敬でき信頼できる方たちばかりです。
生徒が第一志望に合格するための、満足のいく終わり方をするための道しるべをつくってくれます。
あとは生徒がどれだけやるかです。

Q. あなたにとって「受験勉強」とは何でしたか?
A. 自分との戦い。
上を目指すのも自分。諦めるのも自分。
努力をすれば確実に結果が出る戦いが受験です。
先生や親が敷いてくれたレールを自分でどう伸ばしていくか。
受験が終わった瞬間、自分が今までの受験生活をどう思えるかが全てだと思います。

Q. 一色塾の担任はどういう存在でしたか?
A. 自分の学力、今どれだけ努力しているか、合格にたどり着くまでにあと何が足りないかを自分、親以上に分かってくれていたと思います。
この人についていけば大丈夫。そう思わせてくれる絶対的な安心感がありました。
一色塾の生徒は何も迷わず一色塾の先生の言葉を真剣に聞き、ついていってください。その先には大満足で悔いなく受験生活を終えた自分がいることでしょう。

栗田 桃果

横浜共立学園高校 → 一橋大学商学部

栗田栗田

Q. 一色塾を選んだ理由は何ですか?
A. 英語が伸び悩んでいた時に、オススメの塾があると友達に誘ってもらったからです。

Q. 一色塾とはどういう塾ですか?
A. 自分は大手の予備校にも通っていたのでより強く感じられたのですが、一色塾は先生と生徒の距離、生徒同士の距離が近く、大手予備校にありがちなギスギス感の無いアットホームな雰囲気でした。

Q. あなたにとっての受験勉強とは何でしたか?
A. 膨大な時間を勉強に費やして心身ともに疲労したのでもう二度と経験したくないものの1つですが、勉学以外の多くのものも学べた、人生経験の1つです。

Q. 一色塾の担任とはどんな存在でしたか?
A. 特定の科目の成績だけでなく、各々の受験生の受験に必要な全科目とそこから見られる1人1人の個性を総括して的確なアドバイスをしていただける存在でした。勉強面だけでなく、モチベーションという面でもお世話になりました。

Q. 現役高校生へのアドバイスをお願いします。
A. 思うような結果が出せない時は誰にでもあると思います。そんな時は自分を否定して落ち込むのではなく、悔しい!!と感じて諦めずに最後まで頑張ってほしいです。

Q. 今後の目標は何ですか?
A. 自分の学びたい学問を究めて、必要とされる場所で働きたいです。

河野 雅也

鎌倉学園高校 → 慶應義塾大学薬学部
河野河野

Q. 一色塾を選んだ理由は何ですか?
A. 姉が通っていたこともあり親からも勧められました。

Q. 一色塾とはどういう塾ですか?
A. 先生と生徒の距離が近い塾だと思います。友達との距離も近いし。みんなで一致団結して勉強できる環境があります。

Q. あなたにとって「受験勉強」とは何でしたか?
A. 一言で言えば我慢比べ。大学は自分が一生背負って生きていく看板だと思います。それが高校の努力で決まってしまうので死ぬ気でやるしかなかったです。

Q. 一色塾の担任はどういう存在でしたか?
A. 休憩時の話し相手ですかね(笑) 単なる雑談であっても、そのせいで勉強をやる気にさせてくれる時もありました。厳しい時もありましたが、それは愛の鞭だったと今なら思えます。

Q. 現役高校生へのアドバイスをお願いします。
A. 大学で人間が決まるわけではないが、高校の時にどれだけ努力できたかが大学に表れるとも思う。今が人生で一番勉強する時期。そこをのりこえて人生を楽しもう!

Q. 今後の目標は何ですか?
A. まず免許を取りたいです。大学は恥を思いっきりかけて、思いっきり自由でいられる最後の時間です。全力で楽しんで全力で勉強もします!

佐藤 あゆみ

横浜雙葉学園高校 → 東京女子大学現代教養学部

佐藤佐藤

Q. 一色塾とはどういう塾ですか
A. 先生方と生徒の距離が近く、アットホームな塾です。推薦が決まった後も、TOEICの勉強を見て下さったり、とても温かい塾だと思います。

Q. 一色塾の担任はどういう存在でしたか
A. 私の気が緩んでいる時は叱咤、そして頑張った時には思い切り褒めて下さるので、モチベーションを高いところで持続させて下さるような存在でした。当時は怖いイメージが強かったのですが、今はその厳しさの意味もわかり、大変感謝しております。

Q. 今後の目標はなんですか
A. 1年後に控えている就職を突破することです。私が目指している業界では、外国語が必須なので、英語だけではなく、大学から始めた韓国語にも力を入れて頑張っております。

中村 郁子

フェリス女学院高校 → 上智大学法学部法律学科 → 社会人

旧姓岩橋旧姓岩橋

Q. 一色塾を選んだ理由は何ですか?
A. ①本格的な受験勉強を開始するにあたっての「パートナー」を見つけるため、様々な塾を比較検討した結果、一色塾が自分にとってベストだという結論となりました。その理由は自分の「武器」にしたいと考えていた英語の授業内容が素晴らしかったことと(高2の時に受講した春期講習で実感)、②2年間という長期戦を乗り切る上で、気兼ねなしにリアルタイムで相談できる「担任制」に大きな魅力感じたことです。

Q. 一色塾とはどういう塾ですか?
A. 豊富な実績と蓄積に基づいた良質な授業内容と、担任制によるきめ細かなサポートをハイレベルで両立している稀有な塾。特に私は「自分に甘い」ことに自覚があったため、講師が塾生を叱咤激励し、やる気を奮い立たせてくれる点は非常に助かりました。

Q. あなたにとって「受験勉強」とは何でしたか?
A. 社会に出てから必要となる能力の基礎を培ってくれるもの(自己研鑽の方法、仕事に向き合う姿勢、目標を達成するための戦略等)

Q. 一色塾の担任はどういう存在でしたか?
A. 心の支え。勉強のサポートはもちろんのこと精神面もケアしてくれる必要不可欠な存在。二人三脚で受験勉強に臨んだといっても過言ではないです。

Q. 現役高校生へのアドバイスをお願いします。
A. 自分に最適な勉強の量や方法は人によって全く異なります。なんとなく時期が来たから、周りが始めたから、受験勉強っぽい勉強を始める、というのではなく、戦略を考えることから始めてください。
そのためには、①まず自分の今の学力を正確に把握すること、②最終的に到達するべき学力を知ること、③そのギャップを埋めるために最適な方法を考えること、が必要です。この3つに人よりも多くの時間と労力を費やすことがこのゲームに勝つ秘訣だと思います。
とはいっても最初から完璧な戦略なんて作れるはずがないし、勉強を進める中で柔軟に戦略を変更していくことがより重要です。いつ、どうやって、どんな形に戦略を変更するべきか、悩んだときにすぐに相談できる相手がいることが、このゲームに勝つもう一つの秘訣だと思います。私の場合は、それが一色塾の担任でした。
受験勉強で辛い時もあるかもしれませんが、与えられた貴重な時間を有効活用し楽しいキャンパスライフを手に入れられるように頑張って下さい。

Q. 今後の目標は何ですか。
A. 家庭と英会話力を活かした仕事の両立

大久保 悠希

北鎌倉女子学園高校 → 上智大学文学部教育学科

ookuboanehitori_old
ookuboanehitori_now

Q. 一色塾を選んだ理由は何ですか?
A. 中学3年生から受験勉強に打ち込める環境が整っていたため。

Q. 一色塾とはどういう塾ですか?
A. 男女の出会いの場…というのは冗談で(笑)学校で勉強できない事を学べる場所って感じです(#^.^#)

Q. あなたにとって「受験勉強」とは何でしたか?
A. 当時は「やりたいことをやるための世界への扉」っていう感じでした(^_-)-☆今思えば「大切な人たちに出会うための試練」っていう感じもします

Q. 一色塾の担任はどういう存在でしたか?
A. 「生徒と共にいる」先生方でした(*^。^*)

Q. 現役高校生へのアドバイスをお願いします。
A. 私も今の時期一心不乱に頑張ったおかげで、何もかもが充実しています(V)o¥o(V)悔いのないよう、最後まで頑張ってください!

Q. 今後の目標は何ですか?
A. 「教員になって生徒の夢を叶える手伝いをしたい」というのは達成できそうなので(笑)「好きな人と幸せな家庭を築きたい」を目標にします、相手探し頑張りますwww

田中 智也

鎌倉学園高校 → 早稲田大学社会科学部 → 社会人

田中田中

Q. 一色塾を選んだ理由は何ですか?
A. 姉が通っていて、入塾前から色々と評判を聞いていたからです。

Q. 一色塾とはどういう塾ですか?
A. 先生との距離がとても近い印象があります。面倒見も良く、困ったことがあれば相談がしやすい環境だと思います。

Q. あなたにとって受験勉強とは何でしたか?
A. 競争やゲームのようなものでした。負けず嫌いで勝負事が好きだったこともあり、勉強することは楽しかったです。勉強した分だけ伸びた実感もあり、とてもフェアなものだと思います。

Q. 一色塾の担任はどういう存在でしたか?
A. 師でありつつもパートナーのような存在でした。(失礼な表現かもしれませんが…)ただ、だからこそ相談しやすい存在だったのだと思います。

Q. 現役高校生へのアドバイスをお願いします。
A. どんな人でも誠実さを持ちつつ、ガムシャラに勉強に取り組めば、その分だけ成績が伸びる保証はあるし、伸びればまた勉強が楽しくなるという正の連鎖があるので、まずはガムシャラにチャレンジしてもらえればと思います。

Q. 今後の目標は何ですか?
A. 現在食品メーカーの宣伝部という部署にいますが、食という人間にとって欠かせないものと様々なコミュニケーション活動を通じて、多くの人の気持ちをプラス方向へと動かしていける人間になりたいと思います。