大鏡~花山院の出家~(1)

『大鏡』は平安時代後期に成立した、歴史物語です。

大宅世継(おおやけのよつぎ/190歳)と夏山繁樹(なつやまのしげき/180歳)という2人の老人が中心となって昔の出来事を語っていきます。

その語りの中で、歴史が語られるという趣向。

まず最初に天皇の伝記(文徳天皇~後一条天皇)が語られ、そのあと、大臣たちの伝記に移っていきます。

こういう構成を「紀伝体」といいます。

そんな『大鏡』から「花山院の出家」を連載したいと思います。


【現代語訳】
次の帝は花山天皇と申した。冷泉院の第一皇子である。
御母は贈皇后宮懐子と申す。太政大臣伊尹様の長女である。
この帝は、安和元年戊辰十月二十六日丙子の日、母方の御祖父、伊尹様の一条の御邸宅でお生まれになった、
とあるのは、今の世尊寺のことであろうか。
その日は、冷泉院の御代の大嘗会の御禊があった。
同じ安和の二年八月十三日、皇太子にお立ちになる、御年は二歳。
天元五年二月十九日、御元服、御年は十五歳。
永観二年八月二十八日、即位なさる、御年は十七歳。
寛和二年丙戌六月二十二日の夜、驚き呆れましたことは、誰にも知らせなさらず、
密かに花山寺にお出ましになって、御出家入道なさったのが、御年十九歳。
在位なさった期間は二年。その後、二十二年御在世なさった。


【原文】
次帝、花山天皇と申しき。冷泉院第一皇子なり。
御母、贈皇后宮懐子と申す。太政大臣伊尹のおとどの第一御女なり。
この帝、安和元年戊辰十月二十六日丙子、母かたの御おほぢの一条の家にて生まれさせ給ふ、
とあるは、世尊寺のことにや。
その日は、冷泉院御時の大嘗会御禊あり。
同二年八月十三日、春宮にたち給ふ、御年二歳。
天元五年二月十九日、御元服、御年十五。
永観二年八月二十八日、位につかせ給ふ、御年十七。
寛和二年丙戌六月二十二日の夜、あさましく候ひしことは、人にも知らせさせ給はで、
みそかに花山寺におはしまして、御出家入道せさせ給へりしこそ、御年十九。
世をたもたせ給ふ事、二年。その後、二十二年おはしましき。


【語釈】
◯「花山天皇」読み:かざんてんのう
65代天皇。

◯「懐子」読み:かいし
藤原懐子。「贈皇后宮」とは、死後に皇后の位を授けられたことを意味する。

◯「伊尹」読み:これまさorこれただ
藤原伊尹

◯「おほぢ」
祖父のこと。

◯「世尊寺」読み:せそんじ
奈良県に同名の寺があるが、それとは違う。伊尹の邸を「桃園第(ももぞのだい)」といったが、それを受け継いだ伊尹の孫である藤原行成が邸内に寺を建立し、それを世尊寺と称した。

◯「大嘗会の御禊」読み:だいじょうえのごけい
「大嘗会」は、帝が即位した最初の年のみに開催される。翌年以降は「新嘗祭(にいなめさい)」となる。いずれも11月に行われる収穫祭。それに先だって身を清める儀式が「御禊」で、10月に行われる。

◯「花山寺」読み:はなやまでら
元慶寺(がんけいじ)」のこと。


事象の列挙で面白くないと思うかもしれません。

どの天皇の記事も、出だしはこんな感じなのです。

しかし、在位期間たった2年で退位→出家とはいったい何があったのでしょうか。

このあと、物語らしく展開していきますので、乞うご期待。

では。

[ 大鏡~花山院の出家~(2)

 

コメントをどうぞ