卒塾生の声13

卒塾生から届いた声や応援メッセージなどを掲載していきます。

>

青 温子

捜真女学校 → 上智大学・総合グローバル学部・総合グローバル学科

Q. 一色塾を選んだ理由は何ですか?
A. 私は中3の秋に一色塾に入塾しました。それは2人の兄がお世話になったからという理由からでした。

Q. あなたにとって受験勉強とは何でしたか?
A. 私が本格的に受験を意識し始めたのは高3の春期講習からでした。
英語に関して言うと、最初に心が折れたのは春期講習の早慶クラスの授業でした。クラスが上がったばかりでまわりの人たちとの差をすごく感じました。そのまま1学期にはいりましたが、テスト演習や早慶演習のクラスでの点数はたまに50点をきって悲惨な状態でしたが、自分に何が足りないのかを真剣に考えようとはしませんでした。夏にふと文法をやり直そうと思い立ち、毎日文法をやるうちに基本的な文法が固まっていないことに気づきました。私は英語が1番の得意科目だと思っていたので、基礎が固まっていないなんて思ってもいませんでした。そこで、一冊のノートに自分の苦手な文法を書き留め、空き時間に覚えるようにしました。その効果は二学期にあらわれ、テスト演習でも上位者に名前がのるようになりました。このことをバネに直前講習まで自分の苦手な部分を見つけてはノートに書き留めました。また授業で使ったテキストは受験が終わるまで何度も見直しました。受験を通して本当に基礎の大切さが身にしみてわかりました。

Q. 一色塾の担任はどういう存在でしたか?
A. 一色塾では担任の先生はもちろん、他の先生方もいろいろ気にかけて下さり、実際わたしもたくさん助けられました。これは一色塾の最大のメリットです。自分の成績がなかなか伸びなくても諦めずに努力をすれば絶対に結果はついてきます。模試では判定を気にするのではなく、自分の出来なかった問題を解き直すなど復習するほうが、A判定で浮かれて復習しないよりも絶対に成績は伸びます。

Q. 現役高校生にアドバイスをお願いします。
A. 受験まではあっという間です。時間を上手に利用して下さい。みなさんが自分の力を最大限に伸ばせるよう応援しています。

川崎 幹由

鎌倉高校 → 神奈川県立保健福祉大学 保健福祉学部 社会福祉学科

Q. 一色塾を選んだ理由は何ですか?
A. 模試で英語がすごく悪くて塾を探してたところ、友達に紹介されて、体験授業をうけたのがきっかけでした。先生との距離が近くて、わからないとこはすぐ教えてもらえるし、授業の時に当てられたりするので、毎回緊張感をもってできるところに魅力を感じて入塾しました。

Q. 一色塾とはどういう塾ですか?
A. 集団授業だけど、少人数なので、一人一人にきめ細やかな指導を受けることができる塾です。

Q. あなたにとって受験勉強とは何でしたか?
A. すごくつらくて、いやなものだけど、これから先も必要な力をのばしてくれるもの。受験期は受験勉強は嫌だったけど、終わった後に受験を経験してよかったと改めて感じました。

Q. 一色塾の担任はどういう存在でしたか?
A. 英語が伸び悩んでた時も、自分のためにいろいろな英語のプリントを作ってくれたりして、教えてくれて本当にお世話になりました。

Q. 現役高校生にアドバイスをお願いします。
A. 受験期に頑張ればどんな結果でも後悔しないと思うので、最後まで頑張ってください。

Q. 今後の目標は何ですか?
A. 国家試験に合格して、自分のなりたい職業につけるように大学で頑張りたいです。

井無田 萌子

横浜共立学園 → 明治大学農学部農学科

井無田井無田

Q. 一色塾を選んだ理由は何ですか?
A. 面倒見の良さに惹かれたからです。色々な大手予備校や個別指導塾の短期講習に顔を出しましたが、ほとんどがただ、授業をして終わり、という形で、「先生」という存在の担当が受験や模試のサポートをしてくださる所は一色塾の他はありませんでした。自分でスケジュールを管理する、ということも大事ですが、私は自分の受験勉強により集中してしたかったため、担任制の一色塾を選びました。

Q. 一色塾とはどういう塾ですか?
A. 担任制できっちり面倒を見てもらえる、そして少人数制なので担任の先生以外の他の先生も生徒一人一人と向き合ってくれるので、自分自身の課題をすぐにみつけられました。
また、現役合格を前提としているので、周りはすべて現役生のみなので、ピリピリしすぎず、みんなで仲間意識を高められるアットホームな塾だと思います。

Q. あなたにとって「受験勉強」とは何でしたか?
A. 朝が早かったり、夜が遅かったり、勉強すべきことが多く、学ぶことが多くて大変なこともありましたが、自分を高めるきっかけにもなったと思います。一色塾の塾も楽しかったので、今ではいい思い出です。

Q. 一色塾の担任はどういう存在でしたか?
A. 一番の理由は、担任制という面模試の結果や授業のテストをよく分析してくださり、私に「得意科目」を作ってくれました。また受験についてだけでなく、志望大学に入れた後の将来についても、熱心に考えてくださいました。今でも就職について相談に乗っていただいたり、連絡も取り合っているので、大学に入ることだけでなく、その後のことも気にかけていただいています。

Q. 現役高校生へのアドバイスをお願いします。
A. 現役の受験勉強は今しか頑張れません。将来の自分に責められないように、褒めてもらえるように、悔いのないように頑張ってください。そして、適度な息抜きも忘れずに!

橋口 雛

大船高校 → 東海大学文学部英語コミュニケーション

Q. あなたにとって「受験勉強」とは何でしたか?
A. 『勉強』にしっかりと向き合った期間です。私は勉強することが苦手で今まで本気で勉強したことがありませんでした。高校では演劇部に所属していて、休みがなくほぼ毎日活動があるハードな部活でした。そのこともあり、3年の6月に部活を引退するまでは塾にも行っておらず、まともに勉強していませんでした。でも部活を引退して一色塾に入って本気で勉強と向き合いました。受験勉強は辛いことや大変なこともありましたが、受験勉強を頑張ったことは今後の自分の自信にもなるし、合格できた時はとても達成感がありました。なので私は受験勉強を頑張ってよかったと思っています。

Q. 一色塾の担任とはどんな存在でしたか?
A. 私はあまり積極的に先生に質問しに行くタイプではありませんでしたが、先生の方から話しかけてくれたり、小テストの出来が良いと褒めてくれたり、受験勉強を始めた時期が遅く自分に自信がなかった私を支えてくれた存在です。

Q. 一色塾とはどういう塾ですか?
A. 少人数制で塾に行って授業を受ける形式なので、疲れていたり眠くてもちゃんと授業を聞く環境が整っていると思います。どの先生の授業も分かりやすく丁寧に教えてくれます。

Q. 現役高校生へのアドバイスをお願いします。
A. 部活が忙しくてなかなか勉強する時間が取れなかったり周りはみんな塾に行っているのに自分は行っていなくて焦ったり色々不安なことは多いと思います。 でも期間が短くてもその分努力して時間を無駄にしないように内容の濃い勉強をすれば行きたい大学に行けると思います。頑張ってください!

Q. 今後の目標は何ですか?
A. 私は大学で英語を学びたいと思っています。 長期留学をして英語を話せるようになり、将来は英語を生かした職業に就きたいです。

磯村 亮

サレジオ学院高校 → 浜松医科大学医学部

磯村

Q. 一色塾を選んだ理由は何ですか?
A. 先輩がいい塾があると言ってたので!

Q. 一色塾とはどういう塾ですか?
A. 先生と生徒の距離がとても近い塾!

Q. あなたにとって「受験勉強」とは何でしたか?
A. 始めはただ勉強をやらされていただけだったけれど、成績が伸び始めてから勉強するのが次第に楽しくなっていきました!

Q. 一色塾の担任はどういう存在でしたか?
A. 塾の先生というよりは、学校の担任のように親身でいてくれる存在です!

Q. 現役高校生へのアドバイスをお願いします。
A. 先生との距離が近いことを生かして、質問添削採点等々を積極的に先生にやってもらうのが1番いいと思います!

Q. 今後の目標は何ですか?
A. 大学生活を楽しみつつもしっかりと国試に合格することです!

古川 碧

法政大学国際高等学校 → 慶應義塾大学・総合政策学部

Q. 一色塾を選んだ理由は何ですか?
A. 親のすすめ。チラシを親がみて、見学に行ったところ『あおいには絶対ここ一番が合ってるよ』と言われてはいりました。(笑)

Q. 一色塾とはどういう塾ですか?
A. 大手塾と違って大学生ではなく、ベテランの先生が担任としてそれぞれについてくれて、親身に相談に乗ってくれます。信頼できるアドバイスをいつももらえて、すごく頼りになります。カリキュラムや教材も上から配布されるものではなく教えてくれる先生自身が考えて作ってくれているので説明もすごくわかりやすいです!

Q. あなたにとって「受験勉強」とは何でしたか?
A. 中学校までは公立で、高校は書類推薦で入ったので、はじめてまともに勉強する機会でした。ノリでなんとなくどうにかなるでしょ?みたいな感じの緩い考えを持ってたので、絶対にやらせてくれる塾でよかったです。受験勉強は辛かったですが、ちゃんと勉強すればその分結果が必ずついてくるのを実感しました。また、入塾時は塾の友達がいなかったのですが、みんなと一緒に帰ったり自習室で勉強したりしているうちに仲良くなれて今では女の子のほとんどが知り合いなので、それも大規模でない塾の良いところだな?と思います。
大学のついている付属校だったので学校の友人は基本的に誰も勉強してなかったので、遊びの誘惑に負けそうになったこともありますが、最後の方は頭いい友達と一緒に勉強できたりして楽しかったです。
まとめると、受験勉強してよかった!ちょっと大変でも、遊べなくても、合格しなくても、受験勉強は絶対無意味になりません。勉強しないで付属の大学にそのまま行った時の自分の方が怖いです。。(笑)

Q. 一色塾の担任はどういう存在でしたか?
A. 一言で言うと、頼りになる!(笑)まあ、面と向かってこんなことは言いませんが(笑)やっぱり経験も知識も尊敬してたから、すごく頼りにしてました?。 今までで一番の恩師です。

Q. 現役高校生へのアドバイスをお願いします。
A. 私のアドバイスは役に立たなそうですけど、、。やっぱり、担任の先生とか、教科の先生の言うアドバイスをちゃんとやることです!
私はあんまりきいてなかったんですけど、言われた通りにやったことはすぐ伸びました!笑
単語とか、めんどくさいし全然出ないじゃんこんなの、、、とか思うけど覚えてみると意外とでたり、復習テストもめんどくさい、、、と思うけどちゃんとやれば力になります。当たり前ですけど。笑
アドバイスってあんまりないけど、言われた通りにちゃんと続ければ!多分大丈夫!途中でつまづいても先生達は見放したり絶対しないから、止めたり諦めたりしないで、安心して勉強続けてください。頑張れ?(*^^*)

Q. 今後の目標を教えて下さい。
A. 英語を話せるようになること。勉強すれば勉強するほどまだまだだなぁって感じます。TOEICとかTOEFLとか受けてみて、長期留学に行ったりしたいです。出来ればその他の言語も話せるようになりたいなぁ。
あとは、読書が好きだから色んな本を読んで色んな方面から物事を見れるようになることです。これは一生かけても無理かもしれないけど、一歩でも近づくべく最近は色んな新書を読んでます!ずっと小説が好きで読んでたんですが、そろそろ新書読みたいなぁって思ってた時にちょうど小論文対策のために数冊新書を読んで、面白い!って思ったのも、新書を読み始めるきっかけになりました。