卒塾生の声5

卒塾生から届いた声や応援メッセージなどを掲載していきます。

>

栗原 美玲

湘南白百合学園高校→早稲田大学文化構想学部

Q. 一色塾を選んだ理由は何ですか?
A. 親の勧めで受けた体験授業がきっかけです。英語の文法力をつけたかったため入塾しました。とは言うものの、体験授業を受けたのは高1の夏だったため私は受験の事を全く意識してませんでした。塾の教材の質問だけでなく、学校の授業で扱ったものの質問に答えて下さるといった手厚いサポートに感動し、この塾に決めました。

Q. 一色塾とはどういう塾ですか?
A. 先生や友達との距離が近く、アットホームな環境です。大学合格という同じ目標に向かって切磋琢磨できる仲間がいたことは私の受験生活にとって大きな刺激でした。授業のない日でも質問ができ、息抜きに友達と話せる環境はとても居心地がよく、塾に行くことを億劫に感じることはありませんでした。

Q. あなたにとって「受験勉強」とは何でしたか?
A. 一つの目標を達成することの大変さと、それを果たせたときの達成感を味わうことができた貴重な体験でした。私は受験をほぼ体験したことがなかったので、受験に対して漠然とした不安感だけがありました。受験生になった高3の最初の方は闇雲に勉強を進めていました。例えば、世界史で新しい参考書を買う度に毎回最初から勉強を始めていました。だから最初の方はやたらと詳しかったです笑 しかし、高3の夏から秋にかけて、模試、過去問を解き、テスト演習をして自分が志望する大学によく出る分野を把握できたため、自分の苦手分野に合わせた、効率の良い勉強ができるようになりました。このように一つの作業を効率よくこなせる力を受験勉強を通じて得ることができました。

Q. 一色塾の担任はどういう存在でしたか?
A. 困った時に相談に乗ってくださる担任の先生がいたことは、自分の合否を大きく左右しました。丸1年間の勉強の進捗状況を把握してくださっていたため、成績が低迷した時や、入試の時期にうまくいかず悩んでいた時に頂いたアドバイスの言葉はとても説得力がありました。

Q. 現役高校生へのアドバイスをお願いします。
A. 私はセンター後に苦手科目だった古典の点数を伸ばすことが出来ました。自分では基礎古典単語を覚え直したことが原因だと思っています。基礎を大切に、最後まで諦めないことが大切です。また、受験期に趣味を楽しむ事を悪いと思うのではなく、メリハリをつけて全力で楽しむ日を作ることをお勧めします。次の日からリフレッシュした気持ちで勉強が出来ると思います。

Q. 今後の目標は何ですか?
A. 大学で様々な国の文化を学び、外国と日本を繋ぐ仕事に就きたいです。

髙木 あづみ

七里ガ浜高校 → 東京農業大学 応用生物科学部 醸造科学科

Q. 一色塾を選んだ理由は何ですか?
A. 家が近かったからという安易な理由で話を聞きに行ってそのまま何となく流れで受けた英語の無料体験授業の内容と迫力に圧倒されたから。「今までの英語って一体何だったんだろう・・・?」

Q. 一色塾とはどういう塾ですか?
A. 先生が積極的に話し掛けてくれるので、質問もしやすく先生と生徒の距離が近い。入塾直後の頃はほとんどつきっきりで見てくれた。

Q. あなたにとって「受験勉強」とは何でしたか?
A. 部活との両立、やる気をどれだけ持続させられるか等の自分との戦い。

Q. 一色塾の担任はどういう存在でしたか?
A. 勉強のことだけではなく、進路や勉強方法についても的確にアドバイスをしてくれる。

Q. 現役高校生へのアドバイスをお願いします。
A. 受験勉強は勉強時間に拘るよりも、効率をよく考えて行うべきだと思う。だから部活をやっている人は勉強時間は少なくなるけど、その分効率的な勉強方法を上手く探せるから部活は最後まで続けるべき。

Q. 今後の目標は何ですか?
A. 大学で様々な国の文化を学び、外国と日本を繋ぐ仕事に就きたいです。大学で沢山勉強して将来の夢を叶えること。

松川 夏穂

聖園女学院高校→東京医療保健大学

Q. 一色塾を選んだ理由は何ですか?
A. 中学3年生の時に数学が壊滅的に出来なくてどうしようと思っていた時に母が買い物中に見つけたらしく、そして個別授業をしていただいて気に入ったので入塾をしました。また、入塾するまでしつこくなかったのも一色塾を選んだ理由の一つです。他の塾は入塾するまで何度も何度も電話がかかってくるので、鬱陶しいのですが、一色塾は体験授業が終わってから不必要な介入はなく、なんとなくそこに魅力を感じていました。まあ、入塾してからはいい意味でしつこいですが笑笑

Q. 一色塾とはどういう塾ですか?
A. いい意味でしつこい塾です。小テストが多く、受けないと電話がかかってくるし、どの教科の先生にも質問はないのか?と何度も聞かれます。

Q. あなたにとって「受験勉強」とは何でしたか?
A. 私はK3の11月まで曖昧な目的を持って勉強してました。○○大学、受かったらラッキーだなぐらいに思っていましたが、あることがきっかけで私は看護師という夢を持ち、それに向かって勉強を頑張りました。私にとっての受験勉強とは将来の夢を掴むチャンスを得るための勉強でした。

Q. 一色塾の担任はどういう存在でしたか?
A. 第二の親のような存在でした。やる気がなければ、何でわかるの?と思うほど声をかけてきたり、受験初日の前日の時には、「明日、何時に家出るの?」「明日の用意はした?」などの言葉を掛けてもらいました。本当に親みたいです笑笑
また、私はK3の12月に商学部から看護学部へと進路を変更した時には、親身になって相談に乗ってくれて、たくさんのアドバイスをいただきました。担任の先生は私の受験にとってかけがえのない存在でした。

Q. 現役高校生へのアドバイスをお願いします。
A. 受験勉強するにあたって重要なことは、自分がやりたいこと、なりたいものを自分の中で明瞭化しておくことです。それは些細なことでもいいんです。その明瞭化された目標は、学力向上ための糧になります。自分の納得のいく結果になるよう頑張ってください!迷った時は一色塾の信頼できる先生方に相談してください!

Q. 今後の目標は何ですか?
A. まずは、看護師の国家試験を突破することです!がんばりまーす!

善浪 佑理

鎌倉女学院高校→島根大学部医学部

善浪

yoshinami_now

Q. 一色塾を選んだ理由は何ですか?
A. 通学路にある塾の中で英語に強いと評判だったからです。

Q. 一色塾とはどういう塾ですか?
A. その子にあった接し方、教え方をしてくれるアットホームな塾です。しかし、アットホームだからと言って先生が「友達」になる訳ではなく、いい距離感を保ったまま的確な指導をして下さっていたと思います。

Q. 一色塾の担任はどういう存在でしたか?
A. 将来の夢を持った時から、嬉しいことも苦しいことも話せたとても大きな支えでした。恩師は誰かと聞かれたら迷わず当時の塾の担任の先生を挙げると思います。本当に感謝しています。

Q. 現役高校生へのアドバイスをお願いします。
A. どれだけ今が大変でも、必ずいつか終わりが来ます。絶対です。ぜひ"合格"で終わらせて下さい。そのために目標を決めて頑張ってください。

Q. 今後の目標は何ですか?
A. 専門的知識をしっかり持ちながら、患者さん目線で物事を考えられる医師になることです。医療関係者ばかりの世界でいると感覚が少しずれてしまうように感じています。
医療に絶対の正解はありません。しかし少しでもその隙間を埋められるよう、常に努力していこうと思います。

市川 かれん

湘南工科大学附属高校 → 明治学院大学国際学部

Q. 一色塾とはどういう塾ですか?
A.少人数のクラスで、予習・授業・復習の3段階で分からなかった事、知らなかった事が一つずつ理解できるようになり、基礎をしっかりと固めていくことができる塾だと思います。

Q. あなたにとって受験勉強とは何でしたか?
A.習い事のバレエが忙しくて勉強する時間がほとんど無いという時期もあり、もともと勉強が好きではなかった事もあって周りよりも自分の勉強量の少なさを感じて焦ったりもしました。ですが本気で勉強を始めてみると自分の成績が伸びていくことを実感でき、今までよりも色々な事に興味を持つようになったと思います。

Q. 一色塾の担任とはどんな存在でしたか?
A.とる授業のことや、志望校のことなど、色々な事の相談にのってもらうことができました。担任の先生は生徒のことをよく把握してくれているので私のように習い事や部活が忙しい人でも、その人にあった授業のとり方を相談しながら決めることができると思います。
受験が近くなった時は、志望校の決め方や対策の仕方などを、担任の先生や他の先生とも相談して決めることができたので、とても心強かったです。

Q. 現役高校生へのアドバイスをお願いします。
A.忙しい人は英単語だけでもやるなど、毎日少しずつでも勉強することが大事だと思います。一週間の目標を決めて勉強をするなど、その人にあった勉強法は人それぞれだと思うので、自分なりのモチベーションの上げ方や、メリハリの付け方を見つけて自分に1番あった効率のいい勉強法を見つけることが大事です。

Q. 今後の目標を聞かせてください。
A.高校3年間で海外に留学してみたいという目標ができました。英語とフランス語を勉強して将来したいことを見つけたいと思います。

染矢 大誠

山手学院高校高校 → 早稲田大学教育学部/生涯教育

Q. あなたにとって「受験勉強」とは何でしたか?
A. 僕にとって受験勉強はあまりつらいものではなく、自分がレベルアップしていくのが実感出来るものでした。正直受験勉強で学んだことはこれからの人生にあまり還元されないかもしれませんが、結果を出すために努力したという経験が残ることが大事だと思いました。

Q. 一色塾の「担任」とはどんな存在でしたか?
A. 受験のことについて話せる身近な存在でした。分からないことがあったら、頼った方がいいですよ。

Q. 「一色塾」とはどういう塾ですか?
A. 少人数制ということもあり、先生と生徒の距離が近く質問や相談もしやすく、授業中も自習室でも先生の目につくから集中せざるをえない環境でした。また他の生徒ととの距離も近く、受験へのモチベーションアップへ繋がりました。

Q. 現役高校生へのアドバイスをお願いします。
A. 志望校や1日の勉強でもなんでもしっかり目標を立てることが重要です。立てた目標に向かって努力し、達成する。それを繰り返して目標を一つずつランクアップさせていくこと、それが合格校に繋がるんだと思います。
僕は周りの誘惑に惑わされやすい人だったので携帯を解約しました。正直これは早稲田合格に大きく寄与していると思います。あと勉強面や受験面で分からない事があったらすぐ先生に質問したほうがいいです。がんばれ 。

Q. 今後の目標は何ですか?
A. 将来の職業の選択の幅を広げるために資格を色々とっていこうと思います。

斉藤 玄一

県立横須賀高校 → 北海道大学経済学部

Q. 一色塾を選んだ理由は何ですか?
A. 対面式で部活のオフの日にちょうど授業があったから

Q. 一色塾とはどういう塾ですか?
A. とにかく質問がしやすいのがいい。
塾で言われた通りにやってれば大体なんとかなる。

Q. あなたにとって「受験勉強」とは何でしたか?
A. ひたすら勉強

Q. 一色塾の担任はどういう存在でしたか?
A. 大学受験は初めてだし、科目数も多いからどうゆう風に勉強すればいいか自分だけではわからないが丁寧に教えてくれる。そのおかげでなんとかなった所は大きい。

Q. 現役高校生へのアドバイスをお願いします。
A. とにかく王道を行く。
人に薦められた勉強方法とか生活の仕方はとりあえず全部試す。
耳にタコが出来るくらい聞いたけど実行していないことがあるのはとてももったいない。

Q. 今後の目標は何ですか?
A. ラクロスで日本代表になる。
やったことないけど。

神主 日向子

鎌倉女学院高校 → 青山学院大学・経済学部・経済学科

Q. 一色塾を選んだ理由は何ですか?
A. 小学校の塾の先生が勧めてくださったから。

Q. 一色塾とはどういう塾ですか?
塾生の仲が良く通いやすい塾だと思います。大手の塾と違って授業中よく当たるのでしっかり授業に参加できる塾です。また小テストなどの点数が張り出されるので緊張感をもって予習復習に取り組めます。

Q. あなたにとって「受験勉強」とはなんですか?
勉強自体は辛いけれど、がんばった分模試やテストで結果が出るので頑張りやすいものでした。

Q. 一色塾の担任はどういう存在でしたか?
自分の受験科目の成績をすべて把握してるので伸び悩んでるときなどに的確にアドバイスをくれたり、学校の先生よりも相談しやすい存在でした。

Q. 現役高校生へのアドバイスをお願いします。
受験勉強は辛いことの方が多いけど、辛いときこそ一色塾の友達と話して気分を変えたりしながら受験を乗り越えてください。受験が終わってから後悔するのはもったいない!

Q. 今後の目標は何ですか?
大学の勉強をがんばることはもちろん、ほかに気になる分野についても勉強して資格などを大学生のうちにとっておきたいです。

関本 香帆

横浜雙葉学園高校 → 早稲田大学法学部

Q. 一色塾を選んだ理由は何ですか?
A. 私が入塾したのは兄が一色塾へ通っていたため、また通学経路上であったためです。高2の冬期講習で英語の授業を体験し、高2の3学期に入塾し日本史を受講、高3から英語を受講し始めました。引退までは大変ですが、高3からは通うべきだと思います。
英語は学校の成績は良かったものの受験に対応できる実力ではなく、また早大志望であったのでreading を強化する必要があると思い、レギュラー英語を受講しました。reading の授業では解答に影響してしまう誤読や受験問題の解き方を学び、予習では先生が全訳を添削してくださるので読みの穴を埋めることができました。

Q. 現役高校生へのアドバイスをお願いします。
A. 受験勉強は辛いことの方が多いけど、辛いときこそ一色塾の友達と話して気分を変えたりしながら受験を乗り越えてください。受験が終わってから後悔するのはもったいない!
私は学校の勉強を主とし、塾は応用というスタイルで勉強しました。スタイルは人それぞれ違うので何が良いかは分かりませんが、他人に流されず、自分のスタイルで勉強していくことが大切だと思います。また、学校や塾は親からの投資です。勉強をさせてもらっていることは幸せなことだと思い、家族への感謝を忘れずに目の前のひとつひとつのことを大切にしていって下さい。