卒塾生の声2

卒塾生から届いた声や応援メッセージなどを掲載していきます。

>

安藤 紗綾乃

鎌倉女学院高校 → 早稲田大学・文化構造学部

Q. 一色塾を選んだ理由は何ですか?
A. 自分の最寄りの駅に近くていつでもすぐに自習をしに行けることが最初に一色塾を選んだ理由です。ですが何よりも、春期講習で英語の体験授業を受けた時に今までのフィーリングで英文を読んできた私のやり方とは180度違う論理的な読み方を初めて知り、ここで英語を学び、伸ばしていきたいと思ったのが一番の大きな理由です。

Q. 一色塾とはどういう塾ですか?
A. 授業の内容がとても良いのはもちろんですが、予習もしっかり見てもらえるし何より復習テストの回数も量もとても多いのでそれをこなしてくうちに否が応でもできるようになるようになります。そして何より先生と生徒の距離が近くてアットホームな雰囲気で面倒見のとても良い塾です。

Q. あなたにとって「受験勉強」とはなんでしたか?
A. 自分の頑張りを今までで一番強く実感でき、また終わった後には大きな達成感を感じることができたものでした。勉強中や特に入試期間中は何度も学校の勉強を頑張って指定校推薦にすればよかったかも…と思いましたが、実際全て終わってみると途中で投げ出さずに頑張ってきてよかったな、と心の底から思い、1年間経験した努力や苦しみはいつのまにかいい思い出になっていました。

Q. 一色塾の担任はどういう存在でしたか?
A. 受験について相談できるのはもちろんのこと、成績が伸び悩んだり不安になった時に気晴らしになんでもないことを話したり相談に乗ってもらたりしていました。勉強面だけでの支えではなく授業が全て終わった後も気にかけてくださったりしていて精神的な支えでした。

Q. 現役高校生へのアドバイスをお願いします。
A. 授業をしっかり聞くのは当たり前ですがそれと同じくらい予習復習をしっかりやってください。部活などで忙しくても基本をサボらず、一色塾から与えられたものを地道にこなしていけばどんな入試問題が来ても対応でき、合格を勝ち取れると思います。

Q. 今後の目標は何ですか?
A. 将来やりたいこと(映画製作関連の職業につく)が学べる学部に入れたのでしっかり勉強したいです。そして卒業までにサークルで自分の映画を作ってコンクールに出したいです、そしてあわよくば何らかの賞を…!!!

井上 元太

横浜緑が丘高校 → 早稲田大学人間科学科

Q. 一色塾を選んだ理由は何ですか?
A.姉が卒業生で勧められたから。

Q. 一色塾とはどういう塾ですか?
A.誰に対しても親身になって接してくれる塾だと思います。自分は部活の引退が5月でその後に入塾したのですが、授業以外の時間を割いて1対1で授業して下さったり、トイレで一緒になった時に「最近調子どう?」と聞いてきて下さったりと、先生方はとても気にかけてくださったと思います。

Q. あなたにとって受験勉強とは何でしたか?
A.やってるときには「つらい」、「大変だ」、「早く終わって欲しい」などと思うものですが、終わった時には今までにない達成感を得ることができる人生に一度しかない貴重な経験だと思います。

Q. 一色塾の担任はどういう存在でしたか?
A.授業の質問だけでなく進路に関しても真剣に考えてくれるので信頼できる存在でした。

Q. 現役高校生へのアドバイスをお願いします。
A.勉強は時間よりも効率の方が大事です。
自分は家では勉強せずに休み、塾で集中して勉強するようにしていました。休むときは休み、勉強する時はする!このメリハリを自分の中でつけることが大切だと思います。
特に部活をやっているひとは引退するまでは中々ちゃんとした勉強時間を取れないと思いますが、英単語や熟語など、隙間時間にできることを継続してやるといいと思います。引退した後に部活に注いでいたエネルギーや集中力を受験勉強に注ぎ込むことができるのでその点で部活生はやはり強いです。最後まで諦めず頑張って下さい。

杉山 弘平

山手学院高校 → 早稲田大学・文学部

Q. 一色塾を選んだ理由は何ですか?
A. 友達の紹介です。通学路だったのも決めてのひとつでした。

Q. 一色塾とはどういう塾ですか?
A. 少人数制というのもあって、非常に面倒をみてくれました。気軽に質問でき、わかるまでとことん付き合ってくれるので楽しく勉強ができました。先生との距離が近くて、勉強してて嫌にならないような塾でした。

Q. あなたにとって「受験勉強」とは何でしたか?
A. 最初はただただ辛く、大変でした。でも友達に負けたくないという思いから少しずつやる気になり、最終的には自分の成績が上がっていくのが楽しいと思えるようになりました。僕にとっていままでで1番の戦いでしたが、それを乗り越えたことで大きな自信にもなったと思います。

Q. 一色塾の担任はどういう存在でしたか?
A. 受験についてよくわかっていなかった自分にとっては不可欠な存在でした。質問や相談はもちろん、気軽にいろんな話ができるので、大きな心の支えになってくれました。

Q. 現役高校生へのアドバイスをお願いします。
A. 勉強を楽しむことが大事だと思います。辛いときは友達と喋ったり散歩してみたり自分なりの楽しみを見つけて、頑張って乗り越えてください。

Q. 今後の目標は何ですか?
A. 嫌なことから逃げずに、大学で自分のやりたいことをみつけていきたいです。

戸室 磨里乃

聖園女学院高校 → 早稲田大学国際教養学部

戸室戸室

Q. 一色塾を選んだ理由は何ですか?
A. 私は自分で何かの計画を立ててやっていくのが非常に苦手でした。分かる方も多いとは思いますが、大学受験をしよう!と思っても「いつまでにどれくらいの成績になっていればいいのか?」とか「今の時期はどの科目を頑張ればいのか?」とか中々分かりませんよね。私もその一人でした。けれど、一色塾はそんな私に細かく私に合った指導をいつも与えてくれました。個人個人に合った指導を与えてくれる塾だから。それが、私が一色塾を選んだ理由です。そして実際に、一色塾は大学合格というゴールまで私を的確に導いてくれました。

Q. 一色塾とはどういう塾ですか?
A. とても温かい塾。一人一人の生徒にここまで?!という程寄り添ってくれる塾です。

Q. 一色塾の担任はどういう存在でしたか?
A. 私を常に鼓舞して、常に正確な指示を、時々厳しいお言葉を与えてくれる有難い存在でした笑

Q. 現役高校生へのアドバイスをお願いします。
A. 一番言いたい事は、自分に合った塾を決めたら最後までその塾を信じて下さい。私の場合それは一色塾ですが、一色塾は最後の瞬間まで貴方達を支えてくれる塾です。一色塾に支えて貰いながら、最後まで頑張って下さい。

Q. 今後の目標は何ですか?
A. 自分が興味を持った多民族共生という分野を更に深く研究していく事です。この分野は私が早稲田大学国際教養学部で3年間を過ごした事で興味を持ち始めた分野です。
私事ですが、私は早稲田大学国際教養学部に入って自分の人生が大きく変わりました。この学部に入り、毎日英語に触れ、海外で1年間勉強し、外国人と関わり彼らの考えに触れる機会を沢山得ました。これは私の中高の生活とは360度違った生活です。
このような生活を送れていることを感謝すると共に、思い返すとやはり国際教養学部合格が私の人生を変えたのだと思います。そして、英語が不得意だった私をこの学部の合格へ導いてくれたのは一色塾でした。
まとめますが、今の私の興味を持つ分野は今の学部への合格無しにはあり得ません。その事への感謝を忘れず、自分の今信じる道を進んで行きたいです。

宇都宮 千夏

藤沢西高校 → 成城大学文芸学部芸術学科

Q. 一色塾を選んだ理由は何ですか?
A. ライブ授業で家からも近いからです

Q. 一色塾とはどういう塾ですか?
A. どんなにダメでも最後まで絶対に見捨てない先生たちにものすごい熱意を感じました。

Q. あなたにとって「受験勉強」とは何でしたか?
A. いかにやりたいことを我慢するか。

Q. 一色塾の担任はどういう存在でしたか?
A. 自分が諦めても諦めずに励ましてとことん面倒をみてくれます。担当科目以外の科目も教えてくれます。

Q. 現役高校生へのアドバイスをお願いします。
A. 早く進路を決めて早く勉強を始めてください。私は日本史で苦労しました。日本史は暗記科目ですが、直前にまとめてやってもなかなか覚えられません。部活が長い人は大変だと思うけれど、日本史はこまめに復習してほしいです。

Q. 今後の目標は何ですか?
A. 将来の目標を決めること。

髙松 真由

横浜共立学園高校 → 立教大学文学部

Q. あなたにとって「受験勉強」とは何でしたか?
A. 受験においてはいろいろな学びを要求されますが、 「受験勉強」は一言で言うと「成長の本質」を学ぶ事であると思います。単調な学習の繰り返しは骨が折れますし、努力がなかなか報われず焦ることもあります。それでも、日々切磋することで受験のみに限らない「成長に必要なもの」が見えてきます。毎日学び続ける集中力、努力が成果になるまで粘る忍耐力、逆境の中でもそれらを持ち続けることの困難さ、同様に励むライバルへの敬意など…成長すればするほど見えるものがあります。だから、入試で問われるのは知識だけではなく、「勉強を通じて自分がどれだけ成長出来たか」でもあると思います。

Q. 一色塾の「担任」とはどんな存在でしたか?
A. 私は入塾から2年間ずっと担任が変わらなかったこともあり、かなり近しい存在でした。いつも真摯に向き合って貰える事はとても嬉しく、もっと頼ってもよかったかな、と思える程です。これほど強い教師と生徒の結びつきは少人数の一色塾ならではのものだと思います。

Q. 「一色塾」とはどういう塾ですか?
A. 恩師であり、恩人です。塾において1番印象的だったのは入塾後の面談でした。当時成績がひどく、初めての模試が撃沈、不成績のあまり、前の塾からは見放された私はすがる思いでこの塾に来ました。半ばやけくそになりながら自分でも呆れようなる点数のテストを提出しました。が、それを見た先生が呟いたのは「燃えてきた」という言葉でした。現在私はこの塾の先生の熱心な指導のおかげで胸を張って大学に進学出来ます。私の成長を信じて支えてくれる存在がいることはとても大きな力となりました。

Q. 現塾生やこれから入塾しようという高校に何かアドバイスはありますか?
A. かつての私のように、今の自分が好きになれない、変わりたい、成長したい、と思っている人々は多いと思います。まずは1歩踏み出してみてください。この塾にはあなたの成長を応援してくれる先生がいます。あなたの変化を喜んでくれる先生がいます。努力はきっと報われますよ。 それと、具体的なアドバイスをすると、塾の自習スペースは家だと集中力が続かない人におすすめです。毎日時間を決めて通う事で学習習慣が身につきますよ。

Q. 今後の目標は何ですか?
A. 大好きな文学を研究すること、ロシア語をマスターして憧れのバレリーナに会いに行くこと、大学のグローバルなプロジェクトに参加すること…したいことは尽きませんが、好きな事を原動力にこれからも成長し続けたいと思います。

石渡 えみり

横須賀高校 → 早稲田大学・文化構想学部

Q. 一色塾を選んだ理由は何ですか?
A. 始めは親に勧められて体験に行ったのですが、自分の学校以外の人たちの勉強の状況を知りたかったので同じ学校の人があまりいないという点、対人授業であるという点、少人数制であるという点を気に入って入塾を決めました。

Q. 一色塾とはどういう塾ですか?
A. 少人数制のため授業中も、質問などがしやすく、一回一回収穫の多い授業を行ってもらえます。授業外でもそれぞれの質問に丁寧に対応してもらえます。また、塾生同士の距離も近いので勉強面でもお互いに支え合って頑張ることのできる塾だと思います。

Q. あなたにとって受験勉強とは何でしたか?
A. 他のみんなも頑張ってる姿を見て自分も頑張ろうと思えたり、周囲の人に励ましてもらったりと支え合うことがとても大切だと思いました。しかし、最終的にはその支えの力も借りつつ諦めずにポジティブに自分で努力していくことが結果を左右するのだとも思いました。

Q. あなたにとって担任はどういう存在でしたか?
A. 授業などを通して自分の学習状況を把握してくれて、その時の自分がよりステップアップできるように学習アドバイスや課題、励ましを与えてくれました。話しかけやすく、受験勉強の間もたくさんの相談にのってもらえ、心強かったです。
とても頼れる存在です。

Q. 現役高校生にアドバイスをお願いします。
A. これまで学校のテストなどは前日に詰め込む型だった私は、受験勉強は日々の積み重ねが重要であると実際に経験してから気づきました。私は部活や行事で比較的忙しかったのですが、それでも毎日せめて単語を覚えるだけでもコツコツやっていればよかったなというのが正直な反省点です。なので、毎日自分の使える時間を考えて少しずつでも継続的に勉強するといいと思います。さらに、受験期の支えになり又その後も思い出になるので、部活や行事は全力で取り組み、全力で楽しんでください!

Q. 今後の目標は何ですか?
A. 将来具体的に何をやりたいか決まっていないので、大学ではさまざまな経験を積んで、その中からやりたいことを見つけ出して、専門的に勉強しつつも、経験を生かして自分の視野を広げていきたいなとおもいます。

佐藤 千夏

山手学院高校 → 法政大学・キャリアデザイン

Q. 一色塾を選んだ理由は何ですか?
A. 私が英語が出来なかったので英語が強いという評判で、面倒見がよさそうな少人数制の塾を母が探してくれました。

Q. 一色塾とはどういう塾ですか?
A. 他の塾、学校の先生よりずっと、先生が生徒のことを分かってくれている塾だと思います。先生と生徒のキョリが1番の魅力です。特に担任の先生が1人1人についているので大学受験のことはもちろんくだらない話までなんでも話すことができ、自分を理解してくれる機会が多いです。
また、一色塾はテスト・予習がたくさんあり最初は嫌でしたが、着実に出来ることが増えていることを自分に分からせてくれる塾です。

Q. あなたにとって「受験勉強」とは何でしたか?
A. 中高一貫校に通って、部活にしか熱を注いでいなかった私にとって大変すぎましたが、でも勉強に本気を出すいい機会でした。

Q. 一色塾の担任はどういう存在でしたか?
A. 本当に頼れる存在です。まだそんなに生きてないですが、今まで見た人の中で1番頭がいいと学校の友達に何回も自慢していました笑。でも頭がいいだけじゃなくてやはり教えるのが本当にうまくて、限られた時間しかない授業の中にたくさん大事なことが詰まっていて、でも声を出して笑っちゃうほど毎回面白く、集中しながら楽しめる空間をつくってくれました。
苦手だった英語の偏差値が4月から秋までで18以上もあがり、冬の模試でもまたあがり、自分でもびっくりでした。

Q. 現役高校生へのアドバイスをお願いします。
A. 私は塾に入ったのは高3の始めで、それまで1日の勉強時間は学校以外0秒でした。夏も部活が長引き、夏休みの半分くらいしか10時間以上勉強する期間がありませんでした。
でも短くても本気でやれば志望校に行くことができます!勉強の成果はすぐには出ず、焦ることもあると思いますが受験が終わる最後の最後まで諦めないで頑張って下さい!

Q. 今後の目標は何ですか?
A. まず大学で将来やりたいことを見つけようと思います。

南 元喜

鎌倉学園高校 → 早稲田大学教育学部数学科

minami_old

minami_now

Q. 一色塾とはどういう塾ですか?
A. 大学の友達に「塾どこ行ってたの?」って聞かれたら「地元の小さな個人塾に行ってた」って答えます。一番わかりやすいですよね、この表現が。一色塾はとにかく生徒と先生の距離が近いです。本当に高校より近いんじゃないかって思います。生徒と生徒の距離も近いですね。一番健康的な塾なんじゃないですか??高校の延長って感じの塾です。勉強してても楽しいです!
人と人との距離が近いといやでも身近な他人が目につきます。受験ってなんか模試や過去問の結果とか全く知らない膨大な数の他人と比べられますよね?一色塾は身近な誰かと比べられることもあるから、それも良いところだと思います。
自分が一色塾に入塾したのは、高2の10月頃で、理由は自分の部活は厳しく…ほぼ毎日夜遅くまで部活があったので、学校から近い塾を探してみたら一色塾がちょうどいいし鎌学生もかなりいたので入塾を決めました。
入ってすぐ、先生と生徒、そして生徒同士の距離が近い!むしろ近すぎる!と思いました。さっきも書きましたけど、これは本当に一色塾のウリですよね。入った時の自分は全教科偏差値40に届かないポンコツで、特にひどかった英語は入塾したての頃は先生が授業以外に時間を割いて自分用に課題を作って面倒を見てくださったのを今でも覚えています。
しかしそれでも自分は部活引退までは本当に時間がなさ過ぎて授業以外に塾に行った記憶はありません…
そして、部活を夏前に引退してから本格的に勉強し始めました!
文字通り朝から晩までやっていたと思います。 多分、部活引退後の有り余ったエネルギーが爆発したんだと思います。
当然ながらポンコツだった自分もどんどん成長していきました。
この成長というのは自分が一番よくわかるもので、勉強が段々楽しくなってきたのを実感しました。

Q. あなたにとって「受験勉強」とは何でしたか?
A. 僕は高校の時高校3年生の夏休みまでずっと部活しかやっていませんでした。部活をやっている間は勉強なんて全くしていませんでした。だから逆に言うと勉強の結果だけで一喜一憂してる周りの友達が羨ましかったんですね〜、つまり僕は高校3年生の夏までみんなと感覚が違ってたんですねー。一喜一憂の基準は部活だったから、でもまぁ高1高2の時にしてる勉強なんて『受験勉強』と呼べるものですかね?笑
『受験勉強』とはなんだったかっていうより『受験勉強』ってのは志望校が決まってそっから死に物狂いでやる勉強の事です。
だからだらーっと勉強してる人はこっから受験勉強!ってわけたほうがいい思います!
僕はそもそも勉強してなかったんでね!受験勉強しかしてないから!
後僕にとって受験勉強ってのはそれさえしてれば周りからはなんも文句言われないし、遊んでもいいし何してもいいってものでした!恋もしていいしね!

Q. 一色塾の担任はどういう存在でしたか?
A. 担任は人と人との距離が近い一色塾において一番近い存在ですね!自分の事を最後の最後まで、たとえ浪人してたとしても信じてくれる人だったと思います。

Q. 現役高校生へのアドバイスをお願いします。
A. もっともっと受験期の時にしか出来ない事がいっぱいあるよ!もっと受験期を楽しめ!